So-net無料ブログ作成

今さらながらSTAR WARS 、最良の焼き直し [映画とか]

SW.jpg
今さらながらであるが、映画の日ということもあって、STAR WARSの最新作を観てきた。

エピソードI~IIIを好きになれなかったせいで、すぐに観にいく気になれなかったのだが、どうやら、大絶賛というほどではないが、悪くはないという感じなので、今さらながら、観にいった次第。

うん。面白かった。「最良の焼き直し」だと思う。
物語として、新しい要素はあまり出てきていないし、これまでやったのと、同じようなことが繰り返されているだけのように思える。
もしかしたら、このエピソードで初めてSTAR WARSを観る若い人にとっては、最近よくある普通のSFX映画でしかないかもしれない。DVDとかで最近になって I~VI を観た人にとっては、同じことの繰り返しで、前作と比べて新味が無いように思えたかもしれない。

が、40年前から観てきた者にとっては、この繰り返しが良かった。
前のエピソードではこうだったけど、今回はここを変えてこうしてるんだ、というように思い出しながら観て楽しむことができた。

年寄りにとって、「思い出す」ことは最上の娯楽である。
このへんを、うまく押さえて作っていると思う。
たとえば、酒場のシーンなんて、今だったらCGを使ってもっとリアルに表現できるのに、あえてチープな着ぐるみでIVの酒場のシーンを再現している。

エピソードI~IIIは、IVの前日譚でしかなかったが、VIIは、IV~VIを手堅くまとめて、これから本当の結末に向けて最終章が始まるぞ、と予感させるものとなっている。
心配なのは、本当に3話で最終章が終わるのか? ということ。
本当の結末と言うためには、単に帝国が負けました、では済まないと思う。帝国の根源であるフォースのダークサイドとは何か、というところまで突き詰めて欲しいところ。そこまでやろうとすると、エピソードIXは、前後編くらいに分かれてしまうかも。
まあ、そこまでやんないだろうけど。
でも、帝国が負けましただけで終わるなら、それは結末じゃないし、最終章じゃないよなあ、とも思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

もこちゃん星人のブログもよろしく
もこちゃん星人のブログは
こちら