So-net無料ブログ作成
検索選択
買いなおしたCD ブログトップ

猫 「地下鉄にのって」(1972年) [買いなおしたCD]

先日、何年かぶりに友人に会うために東京に行った。
東京駅から丸の内線に乗って、新宿まで。
これは、「地下鉄にのって」の歌詞のまんまだよな、と思いながら、乗っていた。

sIMG_4559.jpg

その頃はフォークブームの真っ最中。吉田拓郎は圧倒的な存在で、「猫」というグループは吉田拓郎のご威光で、曲を出している感じがあった。
初期の吉田拓郎は、メッセージ性のある唄(あくまでも、それっぽいという意味で「性」。具体的なアジテーションは少なかった。また、当時は、「うた」にこの字をあてることが多かった)を歌っていたが、やがてそのメッセージ性を薄めていく。そうなると、昔からのファンが拓郎は堕落したなどと批判したりしていた。
そういった雰囲気の中で、メッセージ性のない歌を、自分では歌わず、自分のバックバンドだった「猫」に歌わせたのかもしれない。

と、当時はそんなふうに理解しているつもりだった。

が、何十年ぶりかでCDを買って、聴きなおしてみると、この「地下鉄にのって」という歌は、声高に主張はしていないけれど、あの時代の雰囲気をしっかりつかみ、主張している。
当時は、私もガキ過ぎて、まったく理解していなかった(そもそも丸の内線に乗ったこともなかったし)。

地下鉄に乗った恋人たちの、他愛ない会話のような歌詞は、後半で、次のようになる。

ねえ君 もうおりてしまおう
だからさ 次の駅でさ
次の駅にとまったら
何かを始めるように
そこから歩いてみよう
次でおりるよ
君ももちろんおりるんだよね
でも君はそのまま行ってもいいよ

その当時は、「おりる」生き方をしよう、というメッセージが確かにあった。

私は、結局、「おりなかった」んだと思った。
今、こうして丸の内線に乗り、もうすぐ、終点に着く。

で、

そんな思いにふけりながら、新宿に着き、友人と末広亭に行った。
いろんな芸人が入れ替わり立ち代りで、いろんなだし物で楽しませてくれたのだが、
中に、代演だったため、パンフに名前が載ってないし、私も名前を忘れてしまったが、ちょっと変わった物まねがあった。
1970年前後のフォーク全盛期の話題を、かなり詳細に、淡々と説明しながら、オールナイトニッポンのテーマを口ずさんだり、拓郎の「旅の宿」をまねしたりしていた。
私の世代(団塊世代の後の世代)には、つきささる話だけれど、この末広亭の客層では・・・、やっぱり、あんまりうけなかった。

もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「むしまるQ」(1997年) + 「あいうえお」(1995年) [買いなおしたCD]

まだ子供が小さい頃、土曜日の午前中、子供といっしょに見ていたNHK教育テレビの番組。

「むしまるQ」は、虫や動物(あにまる)についての小ネタやクイズや歌を取り混ぜた番組で、この歌が大好きで、VTRに録ってからカセットテープに編集していた。

「あいうえお」は、「むしまるQ」の次の時間にやっていた番組で、続けて視ていた。
ことばや文字に関することをあれこれやってる番組だったが、中で、妙なおばさんが、詩の朗読をしていた。まったく予備知識がなかったので、かなり印象的で、このおばさん只者ではないと、これもVTRに録り、朗読部分だけカセットテープにダビングしていた。

そうすると、当然、むしまるQの歌と詩の朗読が交互に入り混じったテープができあがってしまい、私の中ではこれらはひとつの番組としてとらえられるようになった。
今でもそのテープは、CDRに落として聴いている。

とは言え、ちゃんとした音源も欲しいよなと思い、買ったのがこれ。

sIMG_4392.jpg

と、これ。

sIMG_4391.jpg

さて、「あいうえお」のおばさんは、波瀬満子という人で、本当に只者ではなかったようです。
谷川俊太郎との関わりが深いようで、こんな対談集が出ています。

kappa.jpg

「かっぱ、かっぱらったか?」
「アラマ、あいうえお!」

この対談の中に出てくるソノシート付きの絵本「ぴよぴよ」が欲しくて、調べてみましたが、
絵本そのものは、今でもくもん出版から出ているものの、ソノシートがついていないようです。

piyopiyo.jpg

このぴよぴよという絵本のソノシートを聴きたいのですが、中古やヤフオクとかにも出ていないようです。
たとえ、ソノシートが手に入っても、再生する機器を、もう持っていないんだけどね。


もこちゃん星人のブログもよろしく



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ひょっこりひょうたん島」(1964~1969年)挿入歌のカセットテープ [買いなおしたCD]

これは、持っていたレコードではなく、ダビングしたカセットテープである。

sIMG_4381.jpg
sIMG_4382.jpg

30年以上前に、知人がラジオ番組をエアチェックしたテープから、歌だけを編集してくれと頼まれて作ったテープで、自分用のコピーも取らせてもらった。
中山千夏のラジオ番組で、ひょっこりひょうたん島の挿入歌を特集したときのものである。
このテープを、昔所属していた劇団の座長に聴かせたら、これらの歌を使った脚本ができ、公演もやった。
だから、ひょっこりひょうたん島は、リアルタイムで見ており、思い出もあるが、むしろこのテープにまつわる公演のあれこれのほうが心に残っている。

しかし、30年以上たっているのに、カセットテープは(ひどい音ではあるが)、聴くことができる。たいしたものだ。
なのに、CDRやDVDRで録音、録画したものは、10年もたっていないのに、視聴できなくなったものが出てきている。個人の記録を、どういう媒体で保存すべきか考え直してみないと。


で、思いついてググッて見ると、こんなものがあったので、結局買ってしまった。

hyoutann.jpg
タワーレコードへ

しかし、キ印キッドの歌は入って無い。
なぜだろう?
だから、「買い直し」たことにはなっていない。

もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

買いなおしたCD クラウス・ノミ(1981年) [買いなおしたCD]

昔、所属していた劇団を手伝っていた大学生が、
サノさんならクラウス・ノミのレコード持ってますよね、
と言って、さもそれが当然のような顔をした。
僕はそんな変態ではない
と答えたのですが、ノミのレコードを持っていたのも本当だったりする。

IMG_4395.JPG

歌もファッションもヘンタイかもしれないけれど、センスの良いヘンタイ。
(そう言えば、この頃、ヘンタイよいこ新聞というものもあった。)
センスが良すぎて、エイズで死んでしまったけれど。
まあ、そんな音。

レコードは大学生の卒業祝いに、あげてしまった。
今はCDを買いなおして聴いている。


もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

買いなおしたCD 淡谷のり子 「昨夜の男」(1982年) [買いなおしたCD]

これも無くしたテープの歌。
昔、所属していた素人劇団の劇中で使った歌です。
座長が持ってきたテープが音源なので、レコードが欲しくてさがしていた。
この曲が入っているレコード「ラストソング」を見つけることはできたが、やはり予算の問題があって、このときはクラウス・ノミのレコードの方を買った。
で、その後、淡谷のり子のCDをさがしたが、見つからないままだった。
どうやら、この曲が入っているレコードは、CDになっていないらしい。
が、ひょんなことから、五大路子が芝居でこれを使っていることを知り、あとはそちらからググってこのCDにたどり着いた。「横浜ローザ」という一人芝居の語りをCDにまとめたものである。その中に、この歌が収録されている。

IMG_4394.JPG

ちなみに、うちの劇団がこれを使ったのは、五大路子よりも前の1985年のことである。

で、この歌である。
淡谷のり子である。
ブルースの女王である。
そういったイメージとおりともいえるし、イメージを超えた歌でもある。
だから、私なんかが、あえて説明はしないのである。


もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

買いなおしたCD 「南正人ファースト」(1973年) [買いなおしたCD]

sIMG_4383.jpg

実は、本当に聴きたいのは、このCDではない。
本当に聴きたいのは、昔、NHK・FMが流したライブからエアチェックしたカセットテープ。語学教材用のカセットデッキで録音したから、ひどい音だったけれど、繰り返し聴いていた。
その後、このレコードが発売されたので、テープに入っていた歌の多くが、このレコードに入っていた。でも、こづかいの都合で、こちらは買わず、井上陽水の「氷の世界」を買ったので、このレコードは持っていなかった。
だから、私にとって、南正人の歌は、割れた音のライブなのである。

でも、そのカセットテープは今は無い。どこに行ったのかもわからない。
だから、今はこのCDで聴いている。割れた音を思い出しながら。

南正人の歌でもうひとつ思い出すのは、
当時、夢中になって読んでいた平井和正の小説ウルフガイ・シリーズの「人狼戦線」で、キャバレーで流れる歌が、南正人の「こんなに遠くまで」。
これも、テープの中に入っていた歌。
CDでは、ファースト(ベルウッドレーベルでの心機一転の最初という意味らしい)の前に発売された 「回帰線」(1971年本当の1枚目) に入っている。

sIMG_4384.jpg

そういえば、長谷川きよしもこの歌をカバーして歌っている(「卒業」)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

買いなおしたCD 長谷川きよし 「街角」 1975年 [買いなおしたCD]

最近は、昔聴いていたレコードとかを、CDで買いなおしている。
その当時はそれなりに流行っていたものではあるけれど、
今となっては、知ってる人は知ってるけれど、知らない人はまったく知らない
というものが多い。
そういったものを、いくつか紹介してみたい。

長谷川きよし 「街角」 1975年

このレコードが出たのは、フォーク・ソングのブームが終り、ニューミュージックという名前で呼ばれるものが出てきた頃である。
長谷川きよしは、シンガーソングライターであるということでは、フォークのほうに入れられてもおかしくなかったのだが、あまり、フォークの人という感じではなかった。
では、ニューミュージックかというと、これもちょっと違うように感じていた。

このレコードは、ジャケットの裏表に歌詞が印刷されていて、ライナーノートはなし、という装丁になっていた。フォークだ、ニューミュージックだとかにこだわらずに、歌だけを聴いてくれ、ということか。
「ヨコスカブルース」(南正人)や「旅立つ秋」(荒井由美)をカバーしたり、「鳩笛」はNHKの「みんなのうた」でやっていた歌。
歌いたい歌、いい歌をそろえたという感じ。
今、聴いても、あの当時のことを思い出すというプラスアルファを差し引いても、いい歌がそろったレコードだと思う。

このCDはタワーレコード限定のようです。タワレコの説明はこちらです


もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
買いなおしたCD ブログトップ
もこちゃん星人のブログもよろしく
もこちゃん星人のブログは
こちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。