So-net無料ブログ作成
検索選択

温海温泉 大清水の せいろそば [食べ物]

秋も深まってきた温海温泉の
KC4D0181.jpg

川沿いにある蕎麦屋大清水で
KC4D0182.jpg

新そばを食べました。
KC4D0180.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

十日町 そば処 松芋(まつお) の山菜のてんぷら [食べ物]

十日町の山の中にある そば処 松芋(まつお) で、てんぷらそばを食べました。

2016-10-29 13.01.54.jpg

山でとれた山菜をてんぷらにして出しています。
特に、ホップのてんぷらが、ほどよい苦みでおいしい。

店の名前で出しているお酒 松芋山

2016-10-31 19.51.07.jpg

なぜか、辛口となっているけれど、これは口当たりのよい甘さで、食事しながら飲むのにぴったりのお酒です。


もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

絶滅危惧種 ジャワティがある自動販売機 [食べ物]

ジャワティは発売当時から好きで飲んでいたのだが、最近は、自動販売機でみかけない。

s-KC4D0171.jpg

これは、ビッグスワン・スタジアムの入り口にある自動販売機。
今はここでしかみかけない。
1988年に発売された頃は、ウーロン茶はクセの強いものが多く、無糖飲料の中では、このジャワティが一番すっきりとして飲みやすかった。もっと売れてもいいと思うんだけど、なんでかなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

末廣酒造 ゆめのかおり [日本酒]

父の日ということで、娘の会津みやげが、

末廣酒造 純米大吟醸 ゆめのかおり

s-IMG_4876.jpg

と、会津坂下の馬刺し。

s-IMG_4878.jpg

お酒はいい香り(フルーティというよりも、チョコレートの香に近いように思いますが)で、口当たりは甘く、やがて辛口の後味。

s-IMG_4877.jpg


もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

月刊フラワーズ7月号 10年以上ぶりの少女マンガ雑誌 [映画とか]

s-IMG_4875.jpg
昔は、プチフラワーとか花とゆめとか、少女マンガ雑誌を何冊も購読していました。
プチフラワーは創刊からフラワーズにリニューアルするまで、全部読みました。
しかし、フラワーズに変わってから、なんとなくしっくりこなくて、10年以上前に購読をやめてしまいました。
それをひさしぶりに買ったのは、萩尾望都先生の「ポーの一族」が再開したから。

ただ、今のところ再開ではあるが、舞台は1944年のイギリスであり、1974年の「エディス」の続編ではない。
21世紀の現代をエドガーがさまようという話ではない。googleさんがバンパネラ狩りをするとか、facebookが青い瞳の少年に手当たりしだい友達かも?とメッセージを送りつけるとか、まあ、いろいろ妄想したのだが、今のところ妄想のようです。
でも、Vol1となってて、不定期連載ですので、これからを期待してます。


もこちゃん星人のブログもよろしく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

猫 「地下鉄にのって」(1972年) [買いなおしたCD]

先日、何年かぶりに友人に会うために東京に行った。
東京駅から丸の内線に乗って、新宿まで。
これは、「地下鉄にのって」の歌詞のまんまだよな、と思いながら、乗っていた。

sIMG_4559.jpg

その頃はフォーク・ブームの真っ最中。吉田拓郎は圧倒的な存在で、「猫」というグループは吉田拓郎のご威光で、曲を出している感じがあった。
初期の吉田拓郎は、メッセージ性のある唄(あくまでも、それっぽいという意味で「性」。具体的なアジテーションは少なかった。また、当時は、「うた」にこの字をあてることが多かった)を歌っていたが、やがてそのメッセージ性を薄めていく。そうなると、昔からのファンが拓郎は堕落したなどと批判したりしていた。
そういった雰囲気の中で、メッセージ性のない歌を、自分では歌わず、自分のバックバンドだった「猫」に歌わせたのかもしれない。

と、当時はそんなふうに理解しているつもりだった。

が、何十年ぶりかでCDを買って、聴きなおしてみると、この「地下鉄にのって」という歌は、声高に主張はしていないけれど、あの時代の雰囲気をしっかりつかみ、主張している。
当時は、私もガキ過ぎて、まったく理解していなかった(そもそも丸の内線に乗ったこともなかったし)。

地下鉄に乗った恋人たちの、他愛ない会話のような歌詞は、後半で、次のようになる。

ねえ君 もうおりてしまおう
だからさ 次の駅でさ
次の駅にとまったら
何かを始めるように
そこから歩いてみよう
次でおりるよ
君ももちろんおりるんだよね
でも君はそのまま行ってもいいよ

その当時は、「おりる」生き方をしよう、というメッセージが確かにあった。

私は、結局、「おりなかった」んだと思った。
今、こうして丸の内線に乗り、もうすぐ、終点に着く。

で、

そんな思いにふけりながら、新宿に着き、友人と末広亭に行った。
いろんな芸人が入れ替わり立ち代りで、いろんなだし物で楽しませてくれたのだが、
中に、代演だったため、パンフに名前が載ってないし、私も名前を忘れてしまったが、ちょっと変わった物まねがあった。
1970年前後のフォーク全盛期の話題を、かなり詳細に、淡々と説明しながら、オールナイトニッポンのテーマを口ずさんだり、拓郎の「旅の宿」をまねしたりしていた。
私の世代(団塊世代の後の世代)には、つきささる話だけれど、この末広亭の客層では・・・、やっぱり、あんまりうけなかった。

もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

たこせん [食べ物]

東京の飛鳥山公園に行ったら、桜が咲いていました。

sKC4D0153.jpg

都電荒川線に乗って、

s-KC4D0158.jpg

荒川遊園地で降りたら、行列になっているたこ焼き屋があったので、

s-KC4D0159.jpg

たこせんを買って食べました。

s-KC4D0161.jpg

まあ、正直言って、たこ焼きが名物というより、焼いているオヤジのしゃべくりが名物のようでしたが。

もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐渡カキのガンガン焼き [食べ物]

コンロにかけられたブリキ缶。

s-IMG_4509.jpg

ふたを開けると、殻つきのカキがいっぱい。

s-IMG_4510.jpg

殻を開けば、

s-IMG_4511.jpg

ぷりぷりのカキ。

s-IMG_4512.jpg

食べ終えた殻が、山もりになりました。

s-IMG_4513.jpg

殻つきカキが20個以上と、軍手と殻開け用のナイフもセットになっていて、
家族で楽しむことができました。

もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いすみ鉄道もなか [食べ物]

いすみ鉄道社長の鳥塚亮さんの講演を聴きました。

sIMG_4486.jpg

千葉県のいすみ鉄道という赤字ローカル線を、地域の宝として活性化させた話を、いろいろ聴けました。

が、やはり一番納得できたのは、講演の最後に映し出した2枚の写真。
1枚は、キハ系車両の前の鳥塚「少年」の写真。
もう一枚は、会社が購入したキハ系車両の前の鳥塚「社長」の写真。
いろいろビジネスマン向けの理屈を並べてたけど、
つまりはこういうこと、ローカル線が大好きだ、それが原動力なのだと、納得しました。

おみやげは、「いすみ鉄道もなか」

s-IMG_4481.jpg

いすみ鉄道の車両が外箱になっていて、

s-IMG_4484.jpg

中のもなかの皮も、ちゃんと車両になっています。

s-IMG_4485.jpg



もこちゃん星人のブログもよろしく

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「むしまるQ」(1997年) + 「あいうえお」(1995年) [買いなおしたCD]

まだ子供が小さい頃、土曜日の午前中、子供といっしょに見ていたNHK教育テレビの番組。

「むしまるQ」は、虫や動物(あにまる)についての小ネタやクイズや歌を取り混ぜた番組で、この歌が大好きで、VTRに録ってからカセットテープに編集していた。

「あいうえお」は、「むしまるQ」の次の時間にやっていた番組で、続けて視ていた。
ことばや文字に関することをあれこれやってる番組だったが、中で、妙なおばさんが、詩の朗読をしていた。まったく予備知識がなかったので、かなり印象的で、このおばさん只者ではないと、これもVTRに録り、朗読部分だけカセットテープにダビングしていた。

そうすると、当然、むしまるQの歌と詩の朗読が交互に入り混じったテープができあがってしまい、私の中ではこれらはひとつの番組としてとらえられるようになった。
今でもそのテープは、CDRに落として聴いている。

とは言え、ちゃんとした音源も欲しいよなと思い、買ったのがこれ。

sIMG_4392.jpg

と、これ。

sIMG_4391.jpg

さて、「あいうえお」のおばさんは、波瀬満子という人で、本当に只者ではなかったようです。
谷川俊太郎との関わりが深いようで、こんな対談集が出ています。

kappa.jpg

「かっぱ、かっぱらったか?」
「アラマ、あいうえお!」

この対談の中に出てくるソノシート付きの絵本「ぴよぴよ」が欲しくて、調べてみましたが、
絵本そのものは、今でもくもん出版から出ているものの、ソノシートがついていないようです。

piyopiyo.jpg

このぴよぴよという絵本のソノシートを聴きたいのですが、中古やヤフオクとかにも出ていないようです。
たとえ、ソノシートが手に入っても、再生する機器を、もう持っていないんだけどね。


もこちゃん星人のブログもよろしく



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
もこちゃん星人のブログもよろしく
もこちゃん星人のブログは
こちら